バドミントン大会の試合方式

バドミントン大会の試合方式:トーナメント方式とリーグ方式の違い

バドミントン

バドミントン大会の種類と参加資格について以前説明しました

 

今回は、バドミントン大会の対戦方式について解説します

対戦方法

対戦方法は、トーナメント方式とリーグ戦の2つが一般的です。

 

トーナメント方式

トーナメント方式は、1度でも負けたら終わりで、勝ち抜き戦となります。

 

リーグ戦

リーグ戦というのは、3チーム〜5チームくらいで1リーグとなり、
そのリーグ内で総当たり戦で行います。

 

その戦績によって、上位1チームまたは2チームが
決勝リーグ戦に出場できる仕組みです。

 

団体戦の場合は、3ペアで対戦する時は先に2つ勝った方が勝ちとなります。
勝敗が決定した後、3ペア目が対戦しない場合と
対戦する場合があり、こちらも試合によって異なります。